【ティンパニ編】荻原松美氏が語る!2015課題曲マレット・ベストチョイス

 

これだ!というマレット選びのために

吹奏楽コンクールの課題曲は審査員がもっとも注目して審査する重要な楽曲。よりよい音色で演奏するために、まずは今お使いのマレットを見直しましょう。
Innovative Percussionでは個性的なシリーズが多く出ていますが、どうやって選んでいいかわからないと悩んでおられる方もいらっしゃいます。
国内最高峰の吹奏楽団として高い人気を誇るシエナ・ウインド・オーケストラの打楽器奏者、荻原松美氏にマレットのおすすめ、そして正しい選び方をうかがいました。
なおこのページ内でご紹介いただいたマレットはページ下部に掲載しております。

< 1ページ ?/ 2ページ >

荻原氏 まずティンパニマレットの場合、新品だと毛羽立たずちょっと硬めな音色になってるんですね。
使い込んでいくにつれて毛羽立ってやわらかみや深みが増してくるので、それを見越して練習していくといいです。
例えば練習しすぎてハゲハゲになったら終わりと思ってそのバチを新しく買ったり逆にハゲハゲのまま使う人が多いですが、ある程度のところまでしかいい音がしないので、自分のバチがどういう状態にあるか把握しておく必要があります。

静かなシーンで硬めという選択

荻原氏 課題曲I、最初はppp のロールからクレッシェンドなのですが、そのあとのことを考えると柔らかいバチでロールするよりも最初から硬めのバチでやったほうがいいですね。ここではBT-5がいいかなと思います。
新品の状態だとコロコロ鳴りやすいのですが練習していくうちにほどよく柔らかくなっていきますので、最初のロールも綺麗にいきます。pppのロールだからといって柔らかいバチを使うことはないと思います。
最初はあまり速く演奏しようせずに、1つの響いた音をつなげるように。だんだんその幅を大きくしていくイメージで。

実演を交えての説明
実演を交えての説明

―静かなところだからとソフトなマレットを選びがちですね。

荻原氏 最初の2小節だけを考えるとソフトでいきたいんですが、そのあとのアレグロからはハードのほうがいい。
最初だけもう少しソフトで急いで持ち替えてもいいかな。その場合はBT-4がいいでしょうね。(叩いてみて)うん、これいいですね。そのあとからはBT-5がいいと思います。
GTX-4もおすすめです。こっちは深く強く出るので小編成のときにはいいかな。粒立ちという意味では竹マレット(BT)のほうがいいです。
GTXシリーズは柔らかく重量があるので練習しないとゴツゴツいきがちです。やや短く持てばバランスよく叩けるので、持ち方に気をつけることが必要ですね。

―マレットを持つ場所は常に同じ部分ではないのですね。

荻原氏 はい、例えばテーパーのかかっているGTシリーズだとグリップエンドが手の中におさまるくらいに持ったほうがいいかもしれないですね。
力の弱い初心者にはGTシリーズが一番使いやすいでしょう。

―マレットの各硬さの使い分け方はどうお考えでしょうか?

荻原氏 日を追うごとにバンド自体が育っていきますので、最初は2がよくてもバンドの演奏が変わってくれば1のほうがよくなることもあります。
また、会場にいって他の団体を客席で聞いてみることが出来ればいいですね。それでマレットを変えてみると。
いずれにしてもひとつだけを持つというのは危険かなと思います。その前後を持っておいて、状況によって変えていくのがいいです。
またEVANSストラータのようなすごく深い音がするヘッドの場合はちょっと硬めのマレットがいいですね。逆にホワイトヘッドだと明瞭に音が出るので、より深めのマレットがいいと思います。(後半に続く)

< 1ページ ?/ 2ページ >


ご紹介いただいたティンパニマレット

バンブーシリーズ
プロのティンパニ奏者に向けて作らたティンパニマレットの最上位モデル、竹製ハンドルのマレットです。8種類の硬さや材質のヘッドから選択できます。一定の直径で加工された滑らかな竹製ハンドルが魅力です。
BT-4 ジェネラル<推薦曲:I / V >
長さ:39.37cm?シャフト直径:13.0mm
定価:8,700円(税抜き)

BT5 BT-5 ミディアムハード<推薦曲:I / III / ?IV / V>
長さ:39.37cm?シャフト直径:13.0mm
定価:8,700円(税抜き)

 

GTXシリーズ
まっすぐなメイプルウッドハンドルが音の重みとしっかりとした発音を可能にします。
ウッド芯にドイツ製の高品質なフェルトで被せ、高級感ある音質を可能にします。硬さは5種類から選択することができます。

GTX-3 ミディアム・ジェネラル
長さ:37.40cm?シャフト直径:16.5mm
定価:5,600円(税抜き)

 

< 1ページ ?/ ?2ページ >


荻原 松美氏

荻原 松美氏プロフィール

長野県出身。国立音楽大学卒業。大学在学中に「シエナ・ウインド・オーケストラ」のオーディションに合格し、入団。
オーケストラや打楽器アンサンブル、「劇団四季」「東京宝塚劇場」などのミュージカル、タレントのバックバンド等、
クラシック・パーカッションのみならず、ドラムセットやラテンパーカッションをも操るマルチ・プレーヤーとして、様々なコンサートやレコーディングに参加。
現在、「シエナ・ウインド・オーケストラ」のティンパニ及び打楽器奏者、上野信一&パーカッショングループ“PHONIX”のメンバーとしても活動。
長野県小諸高等学校非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師。
Innovative Percussion、EVANSヘッドのエンドーサー。
公式サイトFacebookページ