【スネア編】荻原松美氏が語る!2015課題曲マレット・ベストチョイス

 

これだ!というマレット選びのために

吹奏楽コンクールの課題曲は審査員がもっとも注目して審査する重要な楽曲。よりよい音色で演奏するために、まずは今お使いのマレットを見直しましょう。
Innovative Percussionでは個性的なシリーズが多く出ていますが、どうやって選んでいいかわからないと悩んでおられる方もいらっしゃいます。
国内最高峰の吹奏楽団として高い人気を誇るシエナ・ウインド・オーケストラの打楽器奏者、荻原松美氏にマレットのおすすめ、そして正しい選び方をうかがいました。
なおこのページ内でご紹介いただいたマレットはページ下部に掲載しております。

―IPのコンサートスティックはやや太めですが、年齢や成熟度によって デメリットになることはありますか?
荻原氏 皆さん初めて持つスティックが細いスティックで、そのままずっと細いものを使うという方が多いんですが…
僕は男性としてはかなり手が小さいほうですがそれでもInnovative Percussionのスティックはしっくりくるんですよ。
より最小限の力でコントロールできるんですね。そのことに気づくと、太いほうがいいって思えてきます。
細いほうが軽い=軽いほうが楽だと思ってしまうんですが、バチの重さは重量だけではなく実はバランスのほうが重要です。
持つ場所によって繊細に叩けたり力強く叩けたりするので、ちょっと太めのほうを選んだほうがいい。力が弱ければ弱いほどそういう傾向にあります。

― ピアノでのロールなどの繊細な場面ではどうですか?
荻原氏 太いと転がしやすいですよね。勝手に跳ねてくれるんで、自分で操作しなくても「ロールしたい」という気持ちだけでロールになってくれる。
ボレロのようなシーンでもスティックを落とすだけでなってくれます。繊細な場面でも使える。そういう意味ではIP-LDはいいですね。
細くて小さいスティックにも利点はあるんだけど、ちょっと緊張しただけでスティックが動いて叩いてしまう。だからスティックが太いとしっかりもてる安心感もあります。

― スティックのチップによって違いますか?
荻原氏 丸いほうがなんとなくマーチは弾きやすいかなと思いますけど、長めでもいいかなと思います。長くても接地する面積はほとんど同じなので。
CL2Lはすごくチップが長い分粒立ちが緩和されるのでロールにはすごく良いです。速いタッチで弾けば粒立ちが悪くなるってこともないんで、I番なんかにいいと思います。温かみもありますね。
ボンゴやコンガを叩くときはチップが長い方がいいのでマルチに叩くときには長いほうがいい?ですね。
ハッキリと言われたらやっぱり丸いほうがいいです。II番のマーチの場合細いバチじゃ太刀打ちいかないんで、IPのスティックなら太さという意味ならどれでもいいとおもいますが、たとえばIP-KWだと重さをかけやすく取り回しやすいんでいいかなと思います。

 


ご紹介いただいたスネアドラムスティック

IP-LD ラロ・ダビラモデル
ミディアムテーパーで素早いバウンドを実現。 <推薦曲: ?II / ?IV >
材質:ヒッコリー   長さ:41.59cm  直径:16.1mm
仕様:樽型ウッドチップ/ロングテーパー
定価:2,100円(税抜き)

 


CL-2L クリストファー・ラムモデル
ラミネートバーチ材による絶妙なバランス。 <推薦曲: ?I / ?II / ?IV / V >
材質:ラミネートバーチ   長さ:43.18cm  直径:16.4mm
仕様:楕円型ウッドチップ/ベリーロングテーパー
定価:4,100円(税抜き)

 


IP-KW キーナン・ワイリーモデル
メイプル材の太めの直径にボール型チップを採用。 <推薦曲: ?I / ?II ?>
材質:メイプル   長さ:41.91cm  直径:16.8mm
仕様:ボール型ウッドチップ/ミディアムテーパー
定価:2,100円(税抜き)

 


荻原 松美氏

荻原 松美氏プロフィール

長野県出身。国立音楽大学卒業。大学在学中に「シエナ・ウインド・オーケストラ」のオーディションに合格し、入団。
オーケストラや打楽器アンサンブル、「劇団四季」「東京宝塚劇場」などのミュージカル、タレントのバックバンド等、
クラシック・パーカッションのみならず、ドラムセットやラテンパーカッションをも操るマルチ・プレーヤーとして、様々なコンサートやレコーディングに参加。
現在、「シエナ・ウインド・オーケストラ」のティンパニ及び打楽器奏者、上野信一&パーカッショングループ“PHONIX”のメンバーとしても活動。
長野県小諸高等学校非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師。
Innovative Percussion、EVANSヘッドのエンドーサー。
公式サイトFacebookページ