【BD/ゴング編】荻原松美氏が語る!2015課題曲マレット・ベストチョイス

 

これだ!というマレット選びのために

吹奏楽コンクールの課題曲は審査員がもっとも注目して審査する重要な楽曲。よりよい音色で演奏するために、まずは今お使いのマレットを見直しましょう。
Innovative Percussionでは個性的なシリーズが多く出ていますが、どうやって選んでいいかわからないと悩んでおられる方もいらっしゃいます。
国内最高峰の吹奏楽団として高い人気を誇るシエナ・ウインド・オーケストラの打楽器奏者、荻原松美氏にマレットのおすすめ、そして正しい選び方をうかがいました。
なおこのページ内でご紹介いただいたマレットはページ下部に掲載しております。

―マーチにおいてはバスドラムは要となりますね。
荻原氏 セーム皮で包まれたCB-6はマーチに最適ですね。重めですので短く持ってトントンといくとマーチの四分音符に適した感じになります。
この重さを利用して弾くと非常に粒が出て小粒なくせに深い音も出やすいんですね。
ただ大太鼓の張り具合によっては硬いときもあるんで常にこれがいいというわけではありません。楽器やヘッドの具合によって使ってみてください。
CB-4も実はいいんですよ。小粒で深く出すときにはいいですね。しかしどちらかというとCB-6がいいです。

―深胴のバスドラムでも対応可能でしょうか?
荻原氏 深胴ならよりCB-6の威力が出ると思います。それでも小粒だなと感じたらF13をオススメします。
細いので力のない人にもオススメです。

―F13はハンドルにテーパーがついています。
荻原氏 このシェイプがあることで振りやすし振った力を伝えやすいですね。もうちょい太くてもいいかなと思いますけども、ファンダメンタルシリーズなので小中学生にはこれくらいがよさそう。
CB-3は、ヘッドが細長いんでそれを利用するといいです。深い音を出すときは面で叩く。
マーチのときは先でトントンと叩くんですよ。そうすると深いくせにツンツンするんでマーチにすごく良いですね。大きい太鼓を使ってるときは特にいいかもしれません。
実際にベートーヴェンの第九でこれで(CB-3)やりましたけども、他のバチにはない粒立ちと深み、両方だせる感じでかなり重宝しましたね。

―CBシリーズには真鍮のリングが特徴的です。
荻原氏 ある程度重みが出て、それを利用することで深い音が出やすくなります。
もっと大きいCB-1は、一発には最高ですね。ズドンと。
確かに重いです。太いです。慣れるまではこれがいいとは思えないんですけど、慣れるとこの音の魅力にハマるというか。低い音がブアーンと出る感じですね。
III番だとCB-3がいいかなと思います。ハッキリも出したいしロールもありますし。
V番でもBDはCB-3が粒が出て深い音がでるんでいいと思います。
後半のロールのときは左手はF-13のようなちょっと軽いものを、右手にはCB-3を持ってズドン!といってもいいと思います。

―ゴング(Tam-tam)の場合はいかがでしょうか。
荻原氏 インチが30インチくらいのドラしかなければCG-2がいいかな。
それ以上になってくると一発で基音が出づらくなっちゃうので、CG-1がいいですね。
薄いモデルのドラの場合でも、インチが大きいものはCG-2よりもCG-1がいいです。


ご紹介いただいたバスドラムマレット

CB-1 エキストララージ
オークウッド材に真鍮を装備した最大ヘッドサイズのBDマレット。 <推薦曲: ?III / ?V >
長さ:47.00cm  シャフト直径:25.4 mm
定価:6,800円(税抜き)
CB-3 ミディアム
CB1,2に比べ軽く小ぶり。細長いヘッドが特徴。 <推薦曲:I / II / III / IV / ?V >
長さ:44.5cm  シャフト直径:25.4 mm
定価:6,200円(税抜き)

CB-6 エクストラ ハード
セーム皮に包まれ、歯切れのよいサウンドを実現。<推薦曲: II / IV >
長さ:42.8cm  シャフト直径:25.4 mm
定価:8,000円(税抜き)

F-13 ファンダメンタルシリーズ・ジェネラル
ソフトフリースカバーを装備。汎用性が高く軽いので小中学生にも最適。<推薦曲: II / IV / V ?>
定価:4,500円(税抜き)


ご紹介いただいたゴングマレット

CG-1 ラージ
真鍮のリングのハンドルにフェルトを装備、打撃ノイズのないサウンドが特徴。<推薦曲: I / ?V ?>
長さ:42.6cm  シャフト直径:25.4 mm
定価:7,600円(税抜き)
CG-2 スモール
CG-1より小ぶりで、2本でのロール用としても最適。<推薦曲: I / ?V ?>
長さ:42.6cm  シャフト直径:25.4 mm
定価:6,400円(税抜き)


荻原 松美氏

荻原 松美氏プロフィール

長野県出身。国立音楽大学卒業。大学在学中に「シエナ・ウインド・オーケストラ」のオーディションに合格し、入団。
オーケストラや打楽器アンサンブル、「劇団四季」「東京宝塚劇場」などのミュージカル、タレントのバックバンド等、
クラシック・パーカッションのみならず、ドラムセットやラテンパーカッションをも操るマルチ・プレーヤーとして、様々なコンサートやレコーディングに参加。
現在、「シエナ・ウインド・オーケストラ」のティンパニ及び打楽器奏者、上野信一&パーカッショングループ“PHONIX”のメンバーとしても活動。
長野県小諸高等学校非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師。
Innovative Percussion、EVANSヘッドのエンドーサー。
公式サイトFacebookページ